育毛薬で取り戻せ「若さ」

イボもできやすい栄養不足には育毛薬

薄毛の原因には男女ともにホルモンのバランスが悪くなってくると発生しやすくなって、性ホルモンだけが関わるのではなく、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどの役割も関わってきます。さらにストレスだったり、喫煙による血流量の低下なども影響しますし、栄養が不足していることも抜け毛を増やしたり、髪の成長を阻害してしまいます。

栄養の不足は女性に多く、ダイエットのために極端に食事の量を減らしたり偏った食品しか食べないといった行動や、生理などで消耗しやすいことも理由の一つです。栄養が不足してしまうと体にイボなどができやすくなり、魚の目やニキビそして湿疹なども多くなってきますから、薄毛のほかにイボが体中に増えたなどの変化があれば食事の内容に注意したほうが良いです。

薄毛対策になる育毛薬にも栄養成分がたくさん含まれているものがあって、頭皮から毛根への吸収を期待した製品であったり、頭皮の状態を改善させるための成分です。せっかくたくさんの成分が入っていても、頭皮が汚れてフケが溜まっていたり、皮脂汚れで毛穴が詰まっていては育毛薬の成分が浸透していきにくいので、頭皮を綺麗にする必要があります。

アスピリン系の成分が入っているシャンプーを用いると肌に効果的で、サリチル酸は古い角質をやわらかくして剥がしやすくするため、頭皮の汚れ除去に適しています。フケ取り用などに含まれていることが多く、サリチル酸はイボ除去剤やニキビ用の洗顔料などにも使われている肌に役立つ成分です。

育毛薬を使うとき、シャンプー後の濡れた地肌に直接塗ることができるタイプもありますが、乾いた頭皮に塗ることを推奨している製品もあるので、使い方を良く見たほうが良いです。